M&A買収(第7回)

こんにちは。
代表取締役の蒲鉄雄です。

今回もM&Aのステップを買収側の立場からご紹介・解説をさせて頂きたいと思います。

今回は買収側企業:STEP06「基本合意書」を解説していきます。
ステップの全体像については、こちらを参照してください。

http://ma-advisory.co.jp/flow/index.html

【買収側企業:STEP06「基本合意書」】

前回のブログでは、条件交渉をご紹介致しました。
ここでお客様には買収がビジネスにプラスとなりうるかどうか、先方企業の詳細を御確認いただき、ご意向に沿うことができれば「基本合意書」の作成へと進めてまいります。

「基本合意書」とは、交渉内容がある程度まで合意した段階において、双方が合意した内容を確認するために結ぶ契約書のことです。これは、基本的な条件と『最終的な契約に向けて交渉を継続していきます』という相互の意向を明示するためのものです。

売却企業側の項でもご紹介していますが、この「基本合意書」を締結するということは、よほど何か大きなトラブルが起こらなければ最終契約を結ぶ、という意味を持ちます。
もし、相手先が複数の売却先候補と交渉中だった場合には、この基本合意書を締結した企業、つまりお客様1社に絞り込み、他の交渉は一旦打ち切らなければいけません。
また、この契約を結んだ企業にのみ「買収監査」を行う権利が与えられますので、非常に重要な意味を持つ契約であるといえます。
但し、この「基本合意書」は通常1ヶ月~3ヶ月程度の期限付きの契約となっているため、この間に合意に至らなければ、買収候補企業は他の売却候補先との交渉を再開することも可能になります。
通常は、この基本合意書を締結すれば最終合意する確立はかなり高いといわれています。
この「基本合意書」を締結し、次の段階では「買収監査」が行われていきます。

 

次回のブログでは、【買収側企業:STEP07「買収監査」】について解説致します。