日本国内のM&Aで買収をご検討のお客様

ホーム > 買収をご検討のお客様
事業を拡大することを視野に入れた場合、M&Aは有効な選択肢のひとつです。
これを実行するためには、事前の知識と準備が欠かせません。
ここでは、企業買収を行うためのポイントをご紹介していきます。
企業(事業)買収を行う場合、効果は大きく分けて3つの分類をすることができます。
既存事業の継続だけでは、企業の持続的な成長は見込めないのが現状です。
もちろん、それらのブラッシュアップを行うことも非常に重要ですが、それだけでは思うような結果が得られないことも有ります。
そのため、買収によって他社の営業基盤を取得し、事業拡大を行うことで売上及び収益を増やそうとするM&Aの事例が多く見受けられます。
新規事業に参入する際、全くのゼロから事業を立ち上げるのは多大な時間と労力、そして莫大なコストが掛かります。
その結果、注力しなければならない既存事業にも悪影響を及ぼすのであれば、本末転倒と言わざるを得ません。
そのため、既に他社が立ち上げ軌道に乗った事業を買収し更なる企業成長を目指す、という戦略から企業買収を行うケースも多くなっています。
全ての企業が隙無く、そして完璧なわけではありません。当然のことながら、その企業毎に「強み」と「弱み」が存在します。 自社のみで解決するのではなく、資本提携や業務提携といった手法により 相乗(シナジー)効果を狙った企業買収も日増しに増え、企業の再成長戦略として活用されています。
 
アドバイザリー株式会社

本社
〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目2番3号 名古屋日興證券ビル6階
TEL: 052-253-5010(代) FAX:052-253-8280

東京オフィス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番3号 丸の内トラストタワー本館  20階

大阪オフィス
〒530-0001 大阪市北区梅田二丁目2番2号 ヒルトンプラザ・オフィスタワー 19階