M&A(第8回)

こんにちは。
代表取締役の蒲鉄雄です。

今回は、売却側の立場からM&Aのステップ「買収監査」ご紹介・解説をさせて頂きたいと思います。

ステップの全体像については、こちらを参照してください。
http://ma-advisory.co.jp/flow/index.html

【売却側企業:STEP07「買収監査」】
前回のステップとして、基本合意書をご紹介致しました。ここで契約を交わしたことにより交渉先は1社に限定され、いよいよ候補先企業による「買収監査」が行われます。

ここで「買収監査」についてご説明させていただきます。
ここまでの交渉は、全てお客様から提供された基本情報をベースとして進められてきました。しかし、候補先企業としては『本当にこれらの情報(数字)に間違いがないか?帳簿に載っていない負債等がないか?』が当然気に掛かります。これらを払拭するため、通常は最終契約の前段階で候補先企業の指定する監査法人・または公認会計士がお客様の会計帳簿の調査を行います。これが「買収監査」です。
この「買収監査」は、お客様の資産及び負債を正確に把握するためのものですので、候補先企業の指定する監査法人・または公認会計士によって数日に渡ってじっくりと監査が行われます。
よくご質問をいただくのですが、この監査は一般的には買収金額を値切るために行われるものではありません。M&Aの成立後に想定していなかった問題が浮上し、双方にトラブルを招かないよう未然に防ぐためのもので、売却側・買収側、お互いにとって非常にメリットとなるものなのです。
お客様には必要な書類の準備や、業務や経理について詳細の説明を求められる場合がございますので、ご協力いただければと存じます。

この買収監査の結果を以って最終条件が確定しますので、次の段階としてお客様には「最終条件の決定」へと進んでいただくことになります。

次回のブログでは、【売却側企業:STEP08「最終条件の決定」】について解説致します。