M&A(第2回)

こんにちは。
代表取締役の蒲鉄雄です。

前回ご紹介をさせて頂きましたように、今回からはM&Aのステップをまずは売却側の立場からご紹介・解説をさせて頂きたいと思います。

今回は売却側企業:STEP01「ご相談」を解説していきます。
ステップの全体像については、こちらを参照してください。
http://ma-advisory.co.jp/flow/index.html

【売却側企業:STEP01「ご相談」】
まず、一番初めのお客様との接点としては、オーナー様からのご相談からスタートいたします。私たちの会社ではM&Aについての初回相談は無料でお受けしていますが、相談料を取る同業他社も多く見受けられますね。

売却をお考えになっているオーナー様は、本当に様々な理由からご相談いただきます。例えば、オーナー様がご高齢のため引退を考えているけれど後継者が不在の場合。このケースでは経営状態も決して悪いものばかりではなく、その業界の老舗企業として顧客との信頼関係を広く築いていることも多いように思います。
次に多いのは、会社・事業部・店舗の経営状態が決して思わしくなく、不採算部門の清算として会社全体、もしくは事業部・店舗の売却をお考えになっている場合。この場合には当然経営状態も決して良いとは言えません。社歴としては老舗企業から立ち上げてそれほど間もないものまで、本当に幅が広いのも特徴です。

ご相談については、1回で終わるものばかりではなく、複数回に渡って行われるケースもございます。私たちからは、オーナー様からのお考えをじっくりとお伺いした上で、M&A全体の進め方や相手先候補などについてのご説明をさせていただきます。
まずは、この段階でM&A全体のイメージを描いていただくことで、オーナー様にはより現実的にM&Aをお考えいただけるのではないかと考えています。
より具体的なお話になった場合には、3期分程度の決算書をご用意いただくことがありますが、まずはお気軽にご相談下さい。

次回のブログでは、【売却側企業:STEP02「秘密保持契約」】について解説致します。