まずは、詳しいお話をお伺いすることから始めます。
買収をご検討されている事業を分析し、どういった形で進めるのがベストかを担当者からご提案させていただきます。

秘密保持契約を締結したうえで、M&Aに必要な資料をお客様にご準備頂きます。
これは、お客様の会社についての理解を深め、より適切な方法でアドバイスを行うための手順とお考えください。

私たちのご説明をご理解頂いたうえで、仲介依頼契約を締結します。
不安やご不明な点がございましたら、何でもご質問ください。

候補の選定、及び先方企業への打診を行います。
この段階では御社が特定される情報は伏せ、秘匿情報でのアプローチを行います。

秘匿情報で興味を持った候補先に対し、情報を開示します。(事前にお客様のご了承を得た上で行います)
譲渡条件等の調整を行った上で、候補先トップとの面談を行っていただきます。
ここで、売却側の考え方や人物像等、ご自身の目で御確認ください。

候補先とのご面談を経て条件等の調整がつきましたら、
合意事項の確認のために候補先の企業と「基本合意書」を結んでいただきます。

基本合意書の締結後、候補先の指定した監査法人・または公認会計士によって買収監査が実施されます。

買収監査の結果を踏まえ、譲渡に関する最終条件を決定します。
この段階で、取引先・従業員への情報開示方法等、買収先企業との協議を行います。

売却側の企業とお客様との間で最終契約を締結します。調印式では株や鍵の引渡し、及び代金の決済を行います。

売却側企業から必要な業務の引継ぎを行った上で、新たな体制での事業を開始致します。
ここまでの標準的な期間は、6~12ヶ月程度が一般的です。